筑邦銀、債権取立不能の恐れ 酒類卸売業者向け

2023.06.05 18:26
情報開示
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

筑邦銀行は6月5日、酒類卸売業の原武商店(福岡県)向け債権に取立不能・遅延の恐れが生じたと発表した。同社が6月1日付で福岡地方裁判所に破産手続き開始の申し立てを行ったため。


対象債権額は2億8900万円(6月2日現在)。同行は担保や引当金などで全額を保全しており、2024年3月期の業績予想に修正はない。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 筑邦銀行(2024年6月26日)
顧客本位や現場力を大切に 鶴久・筑邦銀頭取 
筑邦銀行の鶴久頭取
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
筑邦銀福岡営業部、課題解決で企業型DC推進 73先の導入をサポート
保全工業の採用担当の大野可南子さん(左)と赤木拓司社長(左から2人目)から誰でもDCプランの導入効果を聞く成松部長代理(3月11日、保全工業)

関連キーワード

情報開示

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)