連携と絆(2)圏央道アライアンス、地域産品をブランド化

2021.08.13 05:00
連携と絆
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
 神奈川県横浜市から東京都、埼玉県、茨城県を通り千葉県木更津市に至る全長300キロの圏央道。沿線の5信用金庫(水戸、埼玉県、千葉、平塚、多摩)は2018年12月、圏央道アライアンスを締結。地域産品のブランド化や県外情報を生かし取引先の販路拡大、不動産の紹介など2年半で150件超を支援している。 1996年の圏央道開通で関東各地から横浜港や...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

多摩信金、ウェブ申し込み開始 楽天生命の団信 信金初
埼玉県信金、ファンド投資先のベーグル店が開業
ベーグルを購入する木嵜支店長(左、7月9日、さいたま市岩槻区)
役員人事 埼玉県信用金庫(6月23日)
役員人事 平塚信金(6月27日)

関連キーワード

連携と絆

アクセスランキング

おすすめ