三井住友FGなど、iPS細胞開発をサポート、子会社へ新たな出資も

2021.08.20 05:00
事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 三井住友フィナンシャルグループ(FG)、三菱UFJ銀行、三井住友信託銀行は、京都大学のiPS細胞研究・開発を積極的に支援している。
 8月10日までに、同研究成果で製品化を目指す産学連携のベンチャー企業へ出資することも決めた。
 三井住友FG傘下の三井住友銀行は、2008年から京都大学がiPS細胞研究による成果の社会還元・貢献のため...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【更新】監視委、三菱UFJ銀とグループ証券2社に処分勧告、FW規制と有価証券引受などで違反
ON金融庁看板
人事異動 三井住友フィナンシャルグループ(2024年6月12日)
改革の旗手 磯和啓雄・三井住友フィナンシャルグループ専務執行役グループCDIO 銀行の常識超えDX先導
改革の旗手 磯和啓雄・三井住友フィナンシャルグループ専務執行役グループCDIO
ゆうちょ銀、ATM管理の負担軽減 現金確保、保管を不要に

関連キーワード

事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)