常陽銀、有価証券のAI運用探る 茨城大と共同研究が進展

2023.05.17 19:09
AI 有価証券運用
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「運用期間の設定を変えられるか」などの質疑も繰り広げられた発表会(5月17日、常陽銀つくばビル)
「運用期間の設定を変えられるか」などの質疑も繰り広げられた発表会(5月17日、常陽銀つくばビル)
常陽銀行は5月17日、有価証券運用へのAI(人工知能)や機械学習の活用で、茨城大学と進めてきた共同研究の中間報告会を、同行つくばビル(茨城県つくば市)で開催。学生ら4人が株式売買の銘柄の組み合わせやタイミング、リスク予兆の把握など、人間による投資の判断材料となる分析モデルを発表した。
有価証券運用へのAI活用で、同行と茨城大は、2021...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

野村AM・常陽銀、クイズノックがNISA講座 270人来場、若年・女性が大半
投資体験ゲームで、受講者の運用状況をチェックして回る須貝氏(左、5月25日、水戸市民会館)
常陽銀、再エネ電力の調達先を視察 ネーミングライツの「アクアパワー」
発電機と連動し、水流の落差や圧力で回転する水車部分。左端は常陽銀の小野取締役(5月23日、茨城県高萩市の花貫川第一発電所)
銀行・信金、実務型インターン3割 多様な業務内容 理解促す
七十七銀は24年2月に実践型グループワークなどを行う5日間のインターンを実施した(七十七銀提供)
常陽銀、本店内にカフェ・交流の場 「紙削減」がスペースを創出
部署や目的もさまざまな行員らが利用するカフェ・交流スペース(4月18日、本店)

関連キーワード

AI 有価証券運用

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)