京都銀、英シルチェスター提案に反対 利益の92%相当要求

2023.05.12 22:11
株式市場
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

京都銀行は5月12日の取締役会で、英国資産運用会社のシルチェスター社から株主提案があった「特別配当の実施」などに反対することを決議したと公表した。同社からの株主提案は昨年に続いて2回目で、昨年は同様の特別配当の実施などを地銀4行に要求していた。


同社が今回求めている特別配当は、2023年3月期に同行が予定する1株当たり普通配当140円に加えて、「同62円」の特別配当。仮に、配当を要求通りにした場合、総還元性向は92%になる。


また、自己株式は取得上限まで取得すべきとした。コアの銀行事業からのROE(自己資本利益率)が10%(現在3%)に達するまで利益の留保をすべきでなく、PBR(株価純資産倍率)1倍達成に向けた計画を発表すべき、としている。


これに対し同行は、中長期にわたり持続的に企業価値を向上させるには、「成長投資」「健全性の確保」「株主還元の充実」の3項目をバランスよく実現することが重要と反論する。


配当は地銀で最高クラスの「総還元性向50%以上」とし、23年3月期は57%を予定する。また、同期の1株当たり配当金は140円(予定)で、2024年3月期は同20円増の160円を予想する。加えて20億円超の自己株式取得なども可能としている。


同社の株主提案は、6月29日に開かれる株主総会で諮られる。


同行は「要求される配当水準では成長投資の余地がなく、健全性が確保されない。地域金融機関である我々の特徴が考慮されていない。一方、配当は地銀トップクラスである。我々の提案が最適と考える」と説明した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 京都銀行(2024年5月21日)
役員人事 京都銀行(2024年6月27日)
寸言 安井幹也・京都銀行頭取
人事異動 京都銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

株式市場

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)