川口信金、「経営塾 next neo」を開講 100周年事業

2023.05.11 19:53
講演会・セミナー 周年 顧客組織
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
塾生らに挨拶する木村理事長(奥左、5月11日、本店9階研修室)
塾生らに挨拶する木村理事長(奥左、5月11日、本店9階研修室)

川口信用金庫(埼玉県、木村幹雄理事長)は5月11日、次世代の企業経営者や後継者を対象とした「かわしん経営塾 next neo」を開講した。2024年3月に迎える創立100周年の核となる事業。講義が中心の経営塾を改め、グループワークを取り入れるなど実践的な内容に改善。埼玉県中小企業診断協会の中小企業診断士を講師に7月20日までの6回のカリキュラムにより、経営力向上や経営に関する気づきを提供する。


塾の名称は、次世代を意味する英語「next」、新世代を意味するギリシャ語「neo」を組み合わせた。これからの企業経営を担う事業承継者、新事業に挑戦する若い世代などを対象とする意味を込めた。


参加者は、事業承継や創業後間もない経営者、後継者候補など30社・32人。1班当たり5、6人で6班を編成し、同信金の若手職員(新人含む)数人が一部の班に加わる。


毎月隔週の木曜日開催の塾を通じて、「10年後の姿」「人材・組織」「販売・マーケティング」「資金計画・資金繰り」「情報戦略・見えない経営資源」について学び、自社の現在や将来を考えて1枚のワークシートを完成させる。最終日の7月20日は、10年後に向けアクションプランの発表会も行う。


開講当日は「10年後の自社を考える」がテーマ。経営計画の策定の仕方、SWOT分析、経営理念の設定の仕方などを学んだ。木村理事長は「学んだことを経営に役立て、会社の事業価値を高めるとともに、参加者同士で良い仲間をつくってもらえれば」と期待する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

川口信金、100周年で職員向け式典・大会 新基本方針・経営理念を発表
スモークの中から登場した木村理事長(5月11日、戸田市文化会館)
首都圏信金・信組の24年問題対策(上) 物流業の人手不足 深刻
城南信金支店長と相談する北洋エキスプレスの伊藤明美社長(左、3月7日、東京都大田区羽田の同社本社)
川口信金、100周年で式典開く 寄付や新キャラ披露も
祝賀会で鏡割りをする木村理事長(左から4番目)や業界団体幹部ら (3月13日、ロイヤルパインズホテル浦和)
感謝のバトンを未来へ 木村・川口信金理事長
木村幹雄・川口信金理事長

関連キーワード

講演会・セミナー 周年 顧客組織

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)