商工中金、日本旅館協会と連携 宿泊事業者の経営支援で

2023.05.10 20:23
提携・連携 事象者支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

商工組合中央金庫は5月10日、日本旅館協会と会員の宿泊事業者の経営支援で連携したと発表した。


全国展開する商工中金のネットワークや経営支援のノウハウを生かして、新型コロナウイルスの影響を受けた宿泊事業者の経営支援や訪日外国人客のインバウンド需要回復を企業成長の支援につなげる。


宿泊事業者が抱える課題は「集客力の向上」「損益管理の強化」などさまざま。6月開催の日本旅館協会総会で会員の宿泊事業者に伝えその後、全国各支部などでの勉強会を通じて個社別支援につなげる。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

商工中金・関根社長に聞く 組織を立て直すマネジメントの極意
関根正裕・商工組合中央金庫社長
財政審、商工中金株式処分で答申 売却は24年度早期を提言
横浜信金、商工中金と商談会開催 首都圏の金融機関で初
金融界、原発処理水放出で相談窓口
漁船

関連キーワード

提携・連携 事象者支援


おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)