常陽銀、業務用アプリ10種を稼働 「受取書」など他行も導入

2023.05.09 04:50
DX アプリ
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
常陽銀本店
常陽銀行は、業務提携するシステム・ソリューション事業会社「デジタルサーブ」(茨城県、松本英俊社長)と連携し、店頭業務や営業推進の効率化、顧客向け提案ツールなどのアプリケーション開発を加速。4月に稼働した「地方税QRアプリ」までで、計10種(表)となり、他行での導入実績も複数出ている。常陽銀では、デジタルサーブへの行員派遣も継続し、取引先事...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

マネーフォワード、〝DXの本質〟研修で伝授 常陽銀、トスアップの質向上 
常陽銀、自行GXの成果を地域還元 営農型太陽光発電に協賛金
協賛金のデジタル目録を授与。左から、常陽銀の秋野頭取、水戸ホーリーホックの小島社長と竜のマスコットキャラクター「ホーリー君」(6月10日、茨城県水戸市の常陽銀本店)
常陽銀、日立製作所と脱炭素経営支援で協業 CO2排出管理サービスなどを提供
野村AM・常陽銀、クイズノックがNISA講座 270人来場、若年・女性が大半
投資体験ゲームで、受講者の運用状況をチェックして回る須貝氏(左、5月25日、水戸市民会館)

関連キーワード

DX アプリ

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)