柴田・しずおかFG社長 インパクト指標を処遇に紐づけ

2023.04.23 04:50
インタビュー ESG 経営計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「サステナビリティを従業員個人の行動にまで落とし込んだ」と話す柴田社長(4月19日 静銀本部ビル)
「サステナビリティを従業員個人の行動にまで落とし込んだ」と話す柴田社長(4月19日 静銀本部ビル)
しずおかフィナンシャルグループ(FG)は、4月から社会インパクト指標を導入したチャレンジングな中期経営計画(5カ年)を始動。持続可能な社会づくりを業務活動の土台とするため、処遇にも結び付けた。全従業員がESG(環境・社会・ガバナンス)に目覚めることを成長の礎とする柴田久社長(59)に戦略を聞いた。
――指標導入の狙いは。
「全従業員が...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀、進むTNFD対応 4行・グループが情報開示
しずおかFGと名古屋銀、アライアンス生かし課題共有 健康経営高度化で成果
しずおかFG、24年3月純利益10%増の578億円 資金利益や役務収益が拡大
決算について説明する柴田社長(5月10日、アゴラ静岡)
しずおかFG、外国人就労者向けサービス開始 労働者不足解消へ

関連キーワード

インタビュー ESG 経営計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)