大分みらい信金、本店ビルグランドオープン

2023.03.28 15:46
店舗 周年
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
テープカットする森田理事長ら(左、3月28日、本店ビル)
テープカットする森田理事長ら(左、3月28日、本店ビル)

大分みらい信用金庫(大分県、森田展弘理事長)は3月28日、別府市に本店ビルをグランドオープンした。2022年4月に迎えた創立100周年事業の一環で、旧本店を取り壊し、約3年かけて建て替えた。22年12月にビル内の本店営業部が先行営業しており、駐車場の整備を終えて、全面開業した。


新本店ビルは、鉄筋コンクリート造6階建て。「地域、職員に永く親しまれる本店」を基本コンセプトに、安全性、快適性、柔軟性、地域貢献、親近感、低費用をキーワードに設計した。1階は本店営業部、個人ローンや年金の相談拠点「みらいハートプラザ」、2階はみらいホール、3~5階は本部、6階は食堂。


同日のグランドオープンセレモニーで、森田理事長は「新本店ビルを拠点として、さらに地域の皆様のお役に立ち、親しまれる信金を目指して、役職員あげて努力していきたい」と挨拶。その後、別府市の長野恭紘市長と別府商工会議所の西謙二会頭が祝辞を述べた。



大規模災害時の施設等の提供協力で協定を結んだ(左から)別府市の長野市長と森田理事長(3月28日、本店)
大規模災害時の施設等の提供協力で協定を結んだ(左から)別府市の長野市長と森田理事長(3月28日、本店)

同日、別府市と「災害時における施設等の提供協力に関する協定」も締結した。地震など大規模災害の発生時、本店ビル2階のみらいホール(150人収容)やシャワー室を近隣住民や帰宅困難者、観光客などに一時的な避難施設として開放する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 大分みらい信用金庫(2024年6月27日)
南九州信金協、新会長に熊本中央の岡本氏
役員人事 大分みらい信用金庫(2024年4月1日)
人事異動 大分みらい信用金庫(2024年4月1日)

関連キーワード

店舗 周年

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)