横浜銀元町支店、ソリューション営業 中華飲食店の経営多角化支援

2023.03.27 04:30
人材育成 営業・店頭体制 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
王府井の矢崎堅社長(右)は今後も「横浜銀が定期的に来社し相談に乗ってくれる」ことに期待する(左は櫻木支店長、2月14日、横浜中華街)
王府井の矢崎堅社長(右)は今後も「横浜銀が定期的に来社し相談に乗ってくれる」ことに期待する(左は櫻木支店長、2月14日、横浜中華街)
横浜銀行元町支店(櫻木達矢支店長=行員33人うち渉外担当17人。パート22人)は、取引先の課題を解決するソリューション営業に注力。エリア内の中華街で飲食業者の経営多角化や、元町商店街の老舗バッグ店のデジタル化を支援することで成果につなげる。100年以上の店歴で築いた営業基盤と商店街の一角にある好立地の強みを生かし、顧客とのリレーションを一...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀、キャッシュレス納付を促進 地公体と連携深める
横浜銀、脱炭素で横浜市と連携協定 ウェブ口座への切り替えで寄付
締結式後に撮影に応じる片岡頭取(左)と山中市長(6月27日、横浜市役所)
横浜銀、元プロ野球選手を招き 新NISAセミナー
トークセッションで山田アナの問いに応える高木氏(6月8日、TKPガーデンシティPREMIUMみなとみらい)
横浜銀、秦野市で電子地域通貨事業

関連キーワード

人材育成 営業・店頭体制 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)