日本公庫 CLO発行で組成規模が過去最大に 発行額は約400億円

2023.03.18 04:45
貸出・ローン
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
日本公庫③
日本政策金融公庫は3月16日、約400億円のCLO(貸付債権担保証券)を発行した。証券化手法を用いて、中小企業へ無担保資金を供給するのが目的。2022年度は参加した地域金融機関数のほか、貸し付けの金額や社数といった1案件当たりの組成規模が過去最大となった。「地域金融機関で、CLOローンが担保に依存しない資金繰り支援手段として認知されてきた...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、貸出強化へエリア拡大 法人向け増やし収益確保
日本公庫24年3月期、純損失1863億円改善 保険契約準備金戻入額増が寄与
日本公庫、社会課題解決向け融資件数が18%増 「24年度もニーズ根強い」
民間金融機関と連携強化 渡邉・日本公庫副総裁

関連キーワード

貸出・ローン

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)