三重県内4信金、御宿場印で観光誘致 東海道を活性化

2023.03.17 17:43
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

三重県内4信用金庫(津、北伊勢上野、桑名三重、紀北)は、3月21日に県内の宿場で御宿場印を販売する「三重の御宿場印めぐり」を始める。地域の観光資源である東海道の宿場町の活性化を目的に、観光客を誘致する。


御宿場印や御宿場印帳、チラシなどを作成し、管轄する観光協会などに贈る。四日市や桑名、亀山などの七つの宿が対象。


全国の40信金が連携し、東海道沿いの53宿場などで御宿場印を販売する企画の一環。すでに東京都の日本橋宿から静岡県の白須賀宿までの33宿場で御宿場印を販売している。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 桑名三重信用金庫(2024年1月22日)
三重県内金融機関、事業再生支援で成果 活性化協とDDS実行
三重県内金融機関が経営支援事例を共有した信保協の研究会(23年10月17日、三重県教育文化会館)
桑名三重信金生桑支店、目標廃止も業績1位 参加型企画で意欲醸成
「見える化ボード」を使い、職員と現状を共有する寺西隆徳支店長(右、10月11日、生桑支店)
人事異動 北伊勢上野信用金庫(2023年10月1日)

関連キーワード

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)