しずおかFG、不動産担保評価業務で連携 他行からの委託業務を積極化

2023.03.18 04:44
不動産
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
しずおかフィナンシャルグループ(FG)は、他行から受託の不動産担保評価業務で存在感を高めている。中心となっているのはグループ会社の静銀モーゲージサービス(SMS)で、最近は静岡銀行とアライアンスを組む山梨中央銀行からノンリコースローン案件に関連する業務が増加。
山梨中央銀行とは21年、担保評価に関わる業務委託契約を締結。受託件数は21年...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

しずおかFGと名古屋銀、アライアンス生かし課題共有 健康経営高度化で成果
しずおかFG、24年3月純利益10%増の578億円 資金利益や役務収益が拡大
決算について説明する柴田社長(5月10日、アゴラ静岡)
しずおかFG、外国人就労者向けサービス開始 労働者不足解消へ
人事異動 しずおかフィナンシャルグループ(2024年4月1日)

関連キーワード

不動産

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)