関西みらいFG、西山氏が社長に昇格 初のトップ交代

2023.02.28 20:27
役員人事
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
会見でトップ交代を発表する西山氏(左)と菅氏(2月28日、りそなグループ大阪本社ビル)
会見でトップ交代を発表する西山氏(左)と菅氏(2月28日、りそなグループ大阪本社ビル)

関西みらいフィナンシャルグループ(FG)は2月28日、西山和宏代表取締役兼執行役員(57)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。傘下の関西みらい銀行社長も兼務する。両社で社長を務める菅哲哉氏(61)は代表権のない会長に就く。同FG発足後、初めてのトップ交代となる。


同FGは2018年4月に近畿大阪、関西アーバン、みなとの3行が経営統合。19年4月には近畿大阪、関西アーバンの2行が合併し関西みらい銀が発足した。21年4月から同FGは、りそなホールディングス(HD)の完全子会社となった。菅氏、西山氏はともに旧大和銀行(現りそな銀行)出身。


菅氏は関西アーバン銀、みなと銀が属していた三井住友フィナンシャルグループとの交渉で、りそな側の責任者だったことを振り返り「FG発足前から6年以上、統合事業に携わってきた。シナジー効果は表れてきており、今後もブランド力向上や社員の成長に尽力したい」と話した。


西山氏は、りそなグループで人事企画、営業企画、経営管理などを経験。関西みらい銀の合併とシステム統合の責任者も務めた。課題として企業風土の改革と人材育成を挙げ、「お客さまの立場で提案できる組織文化を作り、若手のアイデアを意思決定に反映させたい」と語った。4月からは新たな中期経営計画に取り組む。


西山 和宏氏(にしやま・かずひろ) 大阪府出身、57歳。88年京大卒、大和銀入行、15年4月埼玉りそな銀取締役兼執行役員、17年4月近畿大阪銀常務執行役員、18年4月関西みらいFG執行役員、19年4月関西みらい銀専務執行役員、20年4月同代表取締役兼副社長執行役員、20年6月関西みらいFG代表取締役兼執行役員。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

りそなグループ、ファンドラップに資産承継特約を追加
りそなHD、マネロン調査 自動化 〝進化するAI〟本番適用
関西みらい銀の女子漕艇部、「ダブルスカル」で優勝 琵琶湖の大会に出漕
「ダブルスカル」に出漕する選手(5月3日)
銀行・信金、実務型インターン3割 多様な業務内容 理解促す
七十七銀は24年2月に実践型グループワークなどを行う5日間のインターンを実施した(七十七銀提供)

関連キーワード

役員人事

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)