十六銀、脱炭素支援を高度化 移行策定サービス開始

2023.02.08 04:35
脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
十六銀行は2月7日、脱炭素経営移行計画の策定支援サービス「脱炭素経営移行計画レビュー」の取り扱いを開始した。ウェイストボックス(名古屋市)と、2021年8月にスタートした中小企業の脱炭素化を後押しするコンサルティングサービス「カーボンニュートラルナビゲーター」を高度化したもので、全国の金融機関で初の取り組み。
同サービスを通して温室効果...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

十六銀、グループ力で古民家再生 美濃市の事業、内閣府から賞
(左から)商家の金庫蔵を改装した部屋を見学する、みのまちやの平山さん、十六銀地域創生部の土井宏樹さん、武藤明さん(5月22日、美濃市)
役員人事 十六銀行(2024年6月20日)
十六FG、24年3月純利益3.6%増の193億円 資金利益増と与信費用減が寄与
会見では池田社長(左)と児玉英司常務執行役員が23年度の各実績について説明した(5月9日)
十六銀、資源循環型ATMを導入

関連キーワード

脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)