青梅信金、生活困窮家庭の子ども支援 協議会設立し自治体に寄付 

2023.01.16 19:52
社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

青梅信用金庫(東京都、平岡治房理事長)は1月16日、「あおしん”TASUKI”寄附金協議会」を設立した。地域の持続的発展を目的に、寄付を通じて生活に窮する家庭の子どもたちを支援していく。


東京・多摩や埼玉県西部地区を中心に店舗のある市区町村が行っている子ども食堂や、ひとり親家庭への養育支援などの事業へ4月から総額500万円を寄付する。3月前半までに寄付を希望する自治体を募集し、同信金役員や地元企業の経営者らで構成する同協議会で選考していく。


同協議会の事務局は「寄付金を未来を担う子どもたちにつなげていく想いを込め、協議会の名称をローマ字でたすきとした。寄付は毎年続ける」という。


1992年の創立70周年に設立し、青少年の健全な育成を目的に文化やスポーツ振興などの費用として30年間に渡り自治体に総額4億5000万円を寄付してきた「あおしん地域文化振興基金助成金」は終了する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

首都圏信金、「信金の日」で催し 詐欺防止や登山清掃
惣岳山で清掃活動を行う青梅信金の職員(6月15日、東京都青梅市、同信金提供)
青梅信金、創業支援で250万円寄付 青梅商議所に
目録を手にする青梅商議所の中村洋介会頭(左)と平岡理事長(5月24日、青梅商議所)
青梅信金、東京・埼玉の23自治体に寄付、子ども支援で計500万円
贈呈式に出席した大勢待市長(左)と平岡理事長(4月10日、青梅市役所)
青梅信金、学生の夢を応援 洋菓子店で研修実現
池田課長(右)に研修の成果を報告する杉浦さん(3月26日、青梅総合高校)

関連キーワード

社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)