七十七銀、知財評価による初融資 物質劣化把握装置の活用へ

2023.01.11 04:01
販路拡大支援 知財
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
七十七銀行は1月10日、取引先企業が持つ特許やノウハウなどの知的財産(知財)を、外部の評価機関を活用した評価をもとに、融資したと公表した(実行は2022年12月)。外部の評価機関による知財評価はこれまでも行っているが、知財価値評価書から融資を行ったのは今回が初めて。
電子機器装置を製造・販売する「東北電子産業」(仙台市)の極微弱光計測装...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

再生への道(上) 同業種でも業況二極化 個社別支援が重要に
急速に回復したインバウンド需要を取り込めない事業者も(写真は観光客で賑わう小樽運河、1月18日)
七十七銀と古川信組、特殊詐欺防止キャンペーン 防犯大使の萌江さんと
来店客にチラシを手渡す萌江さん(左、2月15日、古川信組本店)
七十七銀、渉外研修で〝おもてなし〟講座 JAL客室乗務員に学ぶ
受講生にお辞儀のしかたをレクチャーするJAL客室乗務員の迫さん(2月9日、七十七銀本店)
七十七銀、バイヤー選定のアワードで3社に記念品
ゼリーの説明を受けながら商品を手に取る茂田井健太郎・七十七銀執行役員(右から2人目、1月30日、宮城県庁)

関連キーワード

販路拡大支援 知財

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)