熊本信金、初の「求償権」借り換え融資 日本公庫と協調

2022.12.30 04:55
貸出・ローン 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
取引先の求償権消滅をサポートした(左から)日本公庫熊本支店国民生活事業の井上泰介課長代理と奥田筆頭副事業統括、熊本信金西部支店の戸沢支店長と塩田哲平係長(12月15日、日本公庫熊本支店)
取引先の求償権消滅をサポートした(左から)日本公庫熊本支店国民生活事業の井上泰介課長代理と奥田筆頭副事業統括、熊本信金西部支店の戸沢支店長と塩田哲平係長(12月15日、日本公庫熊本支店)
熊本信用金庫(熊本市、井星伸一理事長)は、日本政策金融公庫と協調し、代位弁済により信用保証協会が持つ取引先の求償権の借り換え融資を初めて実行した。
融資先は同信金西部支店の取引先で年商5000万円のリサイクル業者。2016年の熊本地震で被災し、経営不振に陥り、熊本県信用保証協会の代位弁済先となった。その後、新事業を始め、業況は飛躍的に改...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、貸出強化へエリア拡大 法人向け増やし収益確保
日本公庫24年3月期、純損失1863億円改善 保険契約準備金戻入額増が寄与
日本公庫、社会課題解決向け融資件数が18%増 「24年度もニーズ根強い」
民間金融機関と連携強化 渡邉・日本公庫副総裁

関連キーワード

貸出・ローン 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)