紀陽銀、女性異業種交流会に24人参加 損保ジャパンと共催

2022.12.15 17:40
人材育成 女性活躍
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
参加者24人が6グループに分かれて活発にディスカッションした(12月15日、損保ジャパン和歌山ビル)
参加者24人が6グループに分かれて活発にディスカッションした(12月15日、損保ジャパン和歌山ビル)

紀陽銀行は12月15日、和歌山市内で「女性異業種交流会」を損害保険ジャパン和歌山支店と共催。両社の中堅クラス社員各12人、合計24人が参加した。女性社員の自律的なキャリア意識の醸成、異業種で働く女性との交流による視野の拡大が狙い。


テーマは、「ライフとワークにおける目指すべきキャリアについて」。第1部では、紀陽銀東和歌山支店の竹原由枝営業課長、損保ジャパン大阪北支店京阪支社枚方営業所の大西真紀所長が「ロールモデル」として講話。


竹原氏は家庭との両立において、時間の大切さと人に頼ることの必要性などを訴えた。大西氏は、キャリアアップは職位が上がることだけではなく、毎日、少しでも成長することだと促した。


第2部のグループディスカッション・座談会では、6班に分かれて意見交換。「ライフ」と「ワーク」で自分たちが目指すものや、そのための課題、明日から具体的にできることなどを議論した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

紀陽銀東大阪支店 課題に寄り添う本業支援 コンサルメニュー示し議論
カムアクロスの今中社長(右)から製品や事業展開を聞く森田支店長(11月9日)
山形銀や紀陽銀など、ことら送金開始 全国で211先に
近畿地区地域銀の4~9月期、3行・Gが増益 引当金戻りなどで 
大手損保、地域金融の気候対応支援 取引先診断や自行庫で活用

関連キーワード

人材育成 女性活躍

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)