後継者の第二創業を支援 武市・みなと銀社長

2022.12.19 04:49
インタビュー SDGs 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

実質無利子・無担保(ゼロゼロ)融資の返済が本格化するなか、取引先の伴走支援に取り組むみなと銀行。武市寿一社長(60)に事業承継サポートや2023年度スタートの次期中期経営計画について聞いた。


――取引先支援の現状は


「ゼロゼロ融資先約5200社のうち、伴走支援する兵庫県の『中小企業経営改革・成長力強化支援事業』に約1300社を選んだ。その多くが新規取引先で、課題などを把握して(解決策を)提案している。例えば、専門家派遣ニーズがあった67社のうち11社に中小企業診断士や税理士などを派遣した。当社も融資課を30人増員し、バックアップしている」


――事業承継については。


「従来の支援に加え、第二創業と廃業の支援を新たに始める。23年早々に『ベンチャー型事業承継』(東京都)と連携し、取引先組織みなと会(2000社超)から事業承継予定者10~20人を募集する。ワークショップやピッチイベントなどを通じて新規事業を立ち上げてもらう。一方、後継者がいない先には、技術や特許など生かせる事業の売却や、廃業を検討する先に後継人材を紹介する。廃業する企業には、従業員の再就職や不動産の有効活用などをワンストップで支援する。トップライン強化へ事業承継を一つの柱にしたい」


――次期中計のポイントは。


「25年ごろに、りそなグループとのシステム統合を予定している。統合後、店舗の業務フローが改善される。効率化によるビジネスモデルの変革に取り組む」


――SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みは。


「Scope3対応の一環で、23年から県内の大手企業と連携してサプライチェーンの脱炭素化を支援するほか、自治体と協力して中小企業のSDGsを進める。脱炭素化にちゅうちょしている企業には、スタートアップなどの技術を紹介し、後押しする」

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

関西みらい銀とみなと銀、25年度から初任給引き上げ 大卒25万5000円に
人事異動 みなと銀行(2024年4月1日・8日・15日)
みなと銀、企業後継者が新構想発表 9カ月の学び生かす
構想を語る藤岡さん(右から3人目、3月15日、アンカー神戸)
再生への道(下) ピンチをチャンスに 取引先と二人三脚で歩む
はくさん信金の後正幸事業先支援部副部長(左)や徳田一樹小松中央支店長(右)は、山木社長と新商品開発に取り組んだ(2月2日、山木食品工業)

関連キーワード

インタビュー SDGs 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)