仕組み債コスト開示へ圧力 組成側も実態把握 金融庁

2022.11.25 04:42
金融庁
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
金融庁は金融機関に対し、仕組み債のコスト開示に向けた圧力を強めている。仕組み債のコストは組成・卸売りと販売段階に大きく分かれるが、販売金融機関が顧客に開示しているのは販売部分のコスト(手数料)のみのケースが多い。同庁は足元で、詳細な実態把握に乗り出すとともに、販売金融機関には不十分な情報開示が「顧客本位」と言えるか検証するよう迫っている。...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連キーワード

金融庁


アクセスランキング

おすすめ