創業支援で飲食店が回復の兆し 日本公庫

2022.11.20 04:41
起業・創業支援 新型コロナ
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
ON飲食店、宿泊業の創業前融資実績推移

「アフターコロナへ活発化の可能性」


日本政策金融公庫による2022年度上期の創業融資実績(創業前と創業後1年以内)は、件数が前年同期比7.4%減の1万3121先、金額が同12.2%減の667億円だった。融資先数の内訳は、「創業前」が7970先で全体の6割を占めた。業種別でみると「飲食店、宿泊業」で回復の動きがみられた。「アフターコロナへ向けて、22年度下期は創業がより活発化していく可能性がある」(国民生活事業本部創業支援部)という。


22年度上期の「創業前」融資実績7970先の内訳をみると、上位から理美容業など「サービス業」が2350先(構成比29.5%)、「飲食店、宿泊業」が1669先(同20.9%)、「医療、福祉業」が1107先(同13.9%)と続く。「飲食店、宿泊業」のうち、民泊など宿泊業は28先だけで、飲食店向けの融資が大半を占めている。ON令和4年度の創業前融資実績(業種別)


「飲食店、宿泊業」に対する融資は、22年9月の単月だけで333先にのぼった。コロナ禍以前の19年9月実績との比較では、93.3%の水準まで戻ってきている。国民生活事業本部創業支援部は「コロナ禍の(感染拡大の)波が何度か繰り返されるなかで、飲食店を営業することへの抵抗感が薄れているのではないか」と分析。飲食店は従来、創業融資における主要業種だっただけに、足元の増加傾向が全体の底上げにもつながるとみている。


日本公庫では、創業に関心のある人を対象にしたイベントを今年11月から始めており、12月下旬まで各地で開く。また、専用ホームページのコンテンツを10月から拡充している。全国の創業事例を業種や地域、創業者の年齢などから検索できるのが特徴で、スマートフォンからの閲覧を意識したという。こうした情報発信を一段と強化し、創業する人を増やしていきたい考えだ。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

日本公庫、ビジコンで都立晴海総合高へ最優秀賞贈る
日本政策金融公庫、最優秀賞授与
ゼロゼロ融資の返済開始時期、「組織的に把握」は84.6% 日本公庫調査
日本公庫
熊本信金、初の「求償権」借り換え融資 日本公庫と協調
取引先の求償権消滅をサポートした(左から)日本公庫熊本支店国民生活事業の井上泰介課長代理と奥田筆頭副事業統括、熊本信金西部支店の戸沢支店長と塩田哲平係長(12月15日、日本公庫熊本支店)
日本公庫、ポータルサイト機能拡充 窓口の混雑緩和図る

関連キーワード

起業・創業支援 新型コロナ


アクセスランキング

おすすめ