東海地区3県地域銀、7社中3社が増収増益 22年4~9月期決算

2022.11.14 17:24
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
決算を説明する愛知銀の藏冨宣彦専務(左)と中京銀の小林秀夫頭取(11月14日、名古屋証券取引所)
決算を説明する愛知銀の藏冨宣彦専務(左)と中京銀の小林秀夫頭取(11月14日、名古屋証券取引所)
東海地区3県(愛知、岐阜、三重)に本店をおく地域銀行グループ7社の2022年4~9月期決算が11月14日に出そろった。
連結ベースの経常収益と親会社株主に帰属する中間純利益を見ると、増収増益は十六フィナンシャルグループ(FG)、百五銀行、愛知銀行、減収増益は三十三FG、中京銀行、増収減益は大垣共立銀行、名古屋銀行となった。
連結中間純...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

愛知銀、行内カンパニーが課題解決、横断型専門チームで提案高度化
栄町コンサルティングでは、部署横断型の専門チームで各案件の課題や解決策を話し合っている(同行提供)
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
地銀、来春新卒選考で〝脱・定番化〟 横浜は特別枠、南都「友人紹介」
人事異動 大垣共立銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)