「法人営業強化で成果」 開地・長崎銀頭取

2022.11.15 04:40
インタビュー
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
11月11日に創業110周年を迎えた長崎銀行は、1912年から地元長崎の経済を支えてきた。開地龍太郎頭取(61)に周年行事や中計の状況などを聞いた。
――創業110周年を迎えた。
「行員から周年行事の企画案を募り、4月にスタートした。110周年を記念して金利0.110%の定期預金を発売したところ、好評で7月初めに完売。すぐに第2弾を開...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

長崎銀島原支店、補助金ツールで新規開拓 年商5億円以下へ展開
エントランスで堀社長(左)から樹齢600年の椎の木の由来について説明を受ける中田祐二店長代理(中央)と髙野副支店長(11月7日、雲仙みかどホテル本館)
長崎銀、ギネス記録逃すも一体感 110周年記念運動会
ギネス世界記録の挑戦でスターターを務める開地頭取(左、10月22日、三菱重工総合体育館)
人事異動 長崎銀行(10月1日)
役員人事 長崎銀行(6月30日)

関連キーワード

インタビュー


アクセスランキング

おすすめ