ふくおかFG、みんな銀の基幹システム外販 内外金融機関などへ

2022.11.08 20:24
システム API
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
外販システムについて説明する宮本取締役CIO(左)と永吉社長(提供、11月8日、ダイアゴナルラン東京)
外販システムについて説明する宮本取締役CIO(左)と永吉社長(提供、11月8日、ダイアゴナルラン東京)

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)は11月8日、みんなの銀行の基幹システムの外部提供を開始すると発表した。外販するのは、同FG傘下のゼロバンク・デザインファクトリーとアクセンチュアが同行向けに共同開発したフルクラウド型銀行システムがベースで、ゼロから短期間でクラウド上に構築することが可能。顧客ごとに最適化した金融サービスの迅速な拡充、革新的なデジタルサービスで企業価値向上を図ることができる。


口座開設、預金、為替取引、ローンの借り入れなどがスマートフォンで完結できる。入出金や利息・手数料計算などの勘定処理、預金者の利用状況などをデータとして可視化する分析エンジンなども組み込む。


セキュリティー面は、クラウドの設定ミスによる懸念対策などを万全とするが、「各社のセキュリティーに置き換えるなどカスタマイズできる」(宮本昌明みんなの銀執行役員CIO兼ゼロバンク・デザインファクトリー取締役CIO)という。


販売対象は、国内外の金融機関や新たに銀行サービス導入を目指す非金融事業者。みんなの銀頭取を兼ねる永吉健一ゼロバンク・デザインファクトリー社長は、「東南アジアを中心に海外からの関心が高い」とし、「(価格は)販売内容によって変動するが、数十億円程度は必要では」と想定する。


なお、11月8日からマネーフォワードと、残高・入出金明細照会でAPI連携を始めたことも発表した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

ふくおかFG、レボリュートと戦略提携 みんな銀でパートナー深化
上場地域銀、PBR0.44倍に上昇 トップは千葉銀0.87倍
再考・地方創生(3) 領域広げる地域商社、非金融の底力
四国アライアンスの地域商社「Shikokuブランド」が人的交流のある他の地銀系地域商社と連携して開いた物産フェアの様子(6月6日、住友生命保険東京本社)
3メガや地銀、共通デジタル証明書で分科会 有効性と実現性を検証

関連キーワード

システム API

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)