三井住友銀、シ・ローンにクラウド導入 紙や郵送4.5万件削減

2022.10.14 19:37
事務効率化 貸出・ローン
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

三井住友銀行は10月14日、国内シンジケートローンのエージェント業務にクラウドサービスを導入したと発表した。シンジケートローンの事務システムとクラウドサービスとの連携は国内初。参加金融機関への通知や情報共有を電子化することで、業務に係る年間約4万5000件のFAX・郵送を削減する。


エージェント業務は、シ・ローン期間中の事務代行として参加金融機関の元利金の受け渡しや契約の管理を行う。顧客や参加金融機関がクラウドサービスを導入することで、ローンに関する案件情報や通知書面などをクラウドで閲覧・ダウンロードが可能になり、書面を削減できる。


また、情報の一元管理が可能になることで、過去の情報を顧客の課題解決につなげるなどデータ利活用を見込む。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

三井住友銀、渋谷に「オリーブラウンジ」開設へ スタバなど入居
オープニングセレモニーに登壇する(左から)山下剛史・三井住友銀専務執行役員、増田宗昭・CCC会長、中島達・三井住友FG社長、髙橋誉則・CCC社長(5月23日、オリーブラウンジ渋谷店)
三井住友FG、100億円の経費枠設定 社会的価値創造へ種まき
経済安保 システム事前審査開始 大手行、ベンダーと調整
三井住友銀、大学運動部を支援 総額1億円規模の活動費提供

関連キーワード

事務効率化 貸出・ローン

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)