名古屋銀、〝3本柱〟でDX加速 資格者数などKPI設定

2022.10.08 04:09
DX 人材育成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
名古屋銀行は、ITパスポート取得者数600人を目指すなど、2024年度をめどとしたデジタルKPI(評価指標)を設定し、DX(デジタルトランスフォーメーション)戦略を加速させる。戦略の柱として、①サービスのDX化②事務のDX化③顧客のDX化――の柱を掲げ、ビジネスモデルの改革を進める。
顧客のDX化支援では、デジタル人材の育成に取り組み、...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 名古屋銀行(2024年7月1日)
人事異動 名古屋銀行(2024年6月21日)
地域活性化へ海外視察 藤原・第二地銀協会長
藤原一朗・第二地銀協会長
名古屋銀、人権デュー・ディリジェンスへ対応 継続的にモニタリングも

関連キーワード

DX 人材育成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)