東邦銀、遺言信託を年間200件超へ 感謝と基盤拡充の両立

2022.10.06 04:46
相続
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東邦銀行は、顧客からの感謝と取引基盤の拡充の両立ができる施策として、相続・信託関連サービスの推進に力を入れる。個人コンサルティング部に支店駐在を含め専担者9人を配置し、ニーズ把握から遺言執行までをワンストップ対応する。2022年度は、主力商品である遺言信託の申し込み200件超を目標とする。
同行は、「手続きの進め方が分からない」「遠方に...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、進む「経営者保証なし」融資 9行が30ポイント超上昇
東邦銀、税公金収納事務の見学会 地公体職員が理解深める
納付書のチェック作業の様子を見学する地公体職員(12月12日、事務センター)
東邦銀、支店で即売会を開催 食品ロスと廃棄コスト削減へ 
青果を扱う共同の職員(左)が来店客にフルーツをPRした(12月5日、北福島支店)
地銀、「処理水」巡り支援の輪 水産物消費促進に一役
福島県産しらす干しを試食する(左から)横浜銀出身の望月淳氏、東邦銀の佐藤稔頭取、黒岩祐治・神奈川県知事(10月3日、横浜市内)

関連キーワード

相続

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)