十六銀、終活の悩みを一括対応 金銭信託商品で全国「初」

2022.10.01 04:50
高齢者取引
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
岐阜財務事務所の新垣嘉樹所長(左)から所常務は認可書を受け取った(9月30日)
岐阜財務事務所の新垣嘉樹所長(左)から所常務は認可書を受け取った(9月30日)
十六銀行は10月3日、銀行本体での信託業務開始に伴い、金銭信託から死後の事務手続きまでワンストップで対応する商品の取り扱いを始める。同様の商品を取り扱う金融機関は全国で初めて。各種手続きや資金の準備など、単身者や家族と離れて暮らす高齢者が抱える終活の悩みを解決する。
商品名は、「じゅうろくおひとりさま信託(未来よろしんたく)」。顧客は申...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

十六銀、脱炭素経営支援を積極化 コンサル契約120先に拡大
行員が講師となった取引先に対するカーボンニュートラル勉強会も実施している(同行提供)
人事異動 十六銀行(1月4日)
東海地区3県地域銀、7社中3社が増収増益 22年4~9月期決算
決算を説明する愛知銀の藏冨宣彦専務(左)と中京銀の小林秀夫頭取(11月14日、名古屋証券取引所)
【実像】BaaSで拓く金融(下)収益化する新たな価値創造

関連キーワード

高齢者取引


アクセスランキング

おすすめ