大分県信組、年金受給者向けに寄席

2022.09.15 18:29
イベント
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
けんしんやすらぎ寄席で落語を披露した三遊亭小遊三氏(9月15日、iichikoグランシアタ)提供写真
けんしんやすらぎ寄席で落語を披露した三遊亭小遊三氏(9月15日、iichikoグランシアタ)提供写真

大分県信用組合(大分県、吉野一彦理事長)は9月15日、大分県大分市と宇佐市で「けんしんやすらぎ寄席」を開催した。同信組の公的年金の受給者など1300人が訪れた。


新型コロナウイルス感染拡大で、2019年以来3年ぶりに実施。テレビ番組「笑点」などでおなじみの三遊亭小遊三氏が落語を披露した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

大分県信組、九電・大和ハウスと研修 家庭の脱炭素推進
大分県信組本店
大分県信組や熊本県信組など、広域観光連携事業を発足
広域観光連携事業を発足して記念撮影する出田理事長(左)や吉野理事長ら(左から6人目、11月22日、本店)
大分県信組、ジャンボタニシから農家を救え 捕獲器の商品化支援
水田に浮かべた「ヘイヘイ!たにしキャッチ」の成果を見る(左から)長洲支店の岐部和幸支店長、川端社長、末副センター長
大分県信組国東支店、コロナ後見据え観光支援 関連融資6億円

関連キーワード

イベント


アクセスランキング

おすすめ