福岡SDGsプロジェクト始動 西日本シティ銀など4社協業

2022.09.09 20:15
SDGs
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
4社協業の「福岡SDGsプロジェクト」がスタート(左から村上英之西日本シティ銀頭取、柴田建哉西日本新聞社社長、佐藤泉RKB毎日放送社長、鈴木亨電通九州社長、9月9日、西日本シティ銀行本店別館)
4社協業の「福岡SDGsプロジェクト」がスタート(左から村上英之西日本シティ銀頭取、柴田建哉西日本新聞社社長、佐藤泉RKB毎日放送社長、鈴木亨電通九州社長、9月9日、西日本シティ銀行本店別館)

西日本シティ銀行は9月9日、西日本新聞社、RKB毎日放送、電通九州と協業し、福岡SDGsプロジェクト「未来をつくろう Make Fukuoka SDGs」を始動した。SDGsに取り組む企業は多いが、その活動があまり知られていないや、知ってもらう方法が分からないという課題の解決に取り組む。


SDGsの目標達成年である2030年に大人になる子供(小学校4~6年生)を25~30人募集。子供たちを未来のリーダーとして主役にし、豊かな感性で企業の魅力を取材、情報発信することで、その企業の成長と地域活性化を後押しする。同行は地元企業を紹介し、西日本新聞社とRKB毎日放送は情報発信、電通九州はより効果的なPRのプランニングを行う。


参加企業は1期(3カ月間)5社で、SDGsの取り組みを合同で紹介する新聞広告を掲載。参加企業のSDGsの取り組み内容を伝える15秒の動画を制作し、RKB毎日放送でCMを放送する。プロジェクトのプラットフォーム(ウェブサイト)などを通じた情報発信も行う。


参加費は、ゴールドプランが協賛金330万円(税別)、レギュラープランは190万円(同)。新聞広告またはスポットのテレビCMを追加発信したい場合は、追加オプションプラン50万円(同)もある。


西日本シティ銀の村上英之頭取は「昨年度SDGs応援ローンが約900件、SDGs私募債は約370件の利用があるほど、企業の意識は高まってきている。プロジェクトを通じ、SDGsの取り組みがより活発になるように応援していきたい」と語った。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

西日本シティ銀、分身ロボットが接客 研修施設のカフェ
分身ロボットが提供するアイスコーヒーを受け取る小湊執行役員部長(11月11日、ココロガーデン)
西日本シティ銀、電子契約サービス開始 事業性融資で
西日本シティ銀、外国人材の活用支援 商船三井と
外国人人材の活用支援に関する業務提携契約を締結した井野NCBリサーチ&コンサルティング社長(左)と向井商船三井執行役員(10月26日、博多座・西銀ビル)
人事異動 西日本シティ銀行(10月1日)

関連キーワード

SDGs


アクセスランキング

おすすめ