鹿児島相互信金、助成に頼らず運営 「食の起業家養成」事業

2022.09.10 04:51
起業・創業支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
鹿児島相互信用金庫(鹿児島県、永倉悦雄理事長)は飲食業の創業を支援する「食の起業家養成アカデミー」事業を助成に頼らず運営する方針を固めた。2023年度から持続可能な仕組みに切り替え「自走」を目指す。
現在は日本財団の「わがまち基金」の交付金を活用しており、受講料などで一定の事業費をカバーできるようにする。9月開始の第3期は無料だった受講...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

鹿児島相互信金、園児とアマモ植え付け 海洋保全学ぶ
笑顔でアマモを植える園児(11月22日、指宿市)
新潟信金と鹿児島相互信金、ビッグアドバンスに勤怠管理機能
コロナ禍の料理店再興  「よろず」と二人三脚で 鹿児島相互信金 
アフターコロナ支援部とよろず支援拠点が連携してサポートする(10月13日、青菜)
人事異動 鹿児島相互信用金庫(7月26日)

関連キーワード

起業・創業支援


アクセスランキング

おすすめ