【動くか!地公体(下)】心理戦をしている余裕はない

2022.09.09 04:40
税・公金 動くか!地公体
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
地方公共団体に対し、公金収納業務の適正な経費負担を求める指定金融機関。2022年6月には、群馬銀行が県内市町村へ事務経費見直しの要望書を提出した。内容は23年4月から、税公金窓口収納手数料を現行の無料から納付書1件当たり300円などとするもの。群馬県の市長会と町村会は「経費負担できる環境にない」と回答し、現状維持が望ましいとの考えを示した...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

群馬銀、私募債手数料一部を県に寄付 新潟産品を群馬県へ
山本一太群馬県知事に新潟産品を贈った深井頭取(6月13日、群馬県庁、群馬銀提供)
人事異動 群馬銀行(2024年6月20日)
群馬銀、事業承継目標を1年前倒し達成 課題解決774件
群馬銀と第四北越銀、6社で異業種交流会を初開催 女性活躍で意見交換
グループワークで自分の組織(会社・職場)の自慢を書き出す参加者たち(5月10日、メトロポリタン高崎)

関連キーワード

税・公金 動くか!地公体

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)