大分県信組、ジャンボタニシから農家を救え 捕獲器の商品化支援

2022.09.04 04:50
知財 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
水田に浮かべた「ヘイヘイ!たにしキャッチ」の成果を見る(左から)長洲支店の岐部和幸支店長、川端社長、末副センター長
水田に浮かべた「ヘイヘイ!たにしキャッチ」の成果を見る(左から)長洲支店の岐部和幸支店長、川端社長、末副センター長
「外来種ジャンボタニシの食稲被害から稲作農家を救いたい」――。大分県信用組合(大分県、吉野一彦理事長)は、メイン先の社長が開発したジャンボタニシ捕獲器の商品化を伴走支援している。2023年1月発売へ商標権などの取得をサポートした。
同信組中小企業支援センターの末祐一郎副センター長が20年3月に不動産賃貸業のワールド興産(宇佐市)の川端克...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大分県信組、ごみ集積ボックス商品化へ 社長のアイデアを実現
商品化に向けて打ち合わせをする(左から)甲斐社長と藤塚支店長、末副センター長(11月28日、大分市内)
大分県信組、脱炭素へ取り組み加速 県庁で発表会
発表会であいさつする吉野理事長(12月21日、大分県庁別館)
大分県信組、社会保障の国際会合に登壇 健康の活動をアジアへ発信
信用組合の時代が来た 吉野・大分県信組理事長
吉野一彦・大分県信組理事長

関連キーワード

知財 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)