愛知銀、預金業務で代理人取引 生活資金の出金などに対応

2022.08.31 18:16
事業承継支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
愛知銀行は9月1日から、預金業務において代理人取引の取り扱いを開始する。顧客が認知症や事故などで預金取引が困難になった場合に備えて、あらかじめ代理人を指定して、日常生活資金の出金といった取り引きが可能になる。
代理人取引は、同行所定の「代理人関係届」に顧客と代理人が署名押印する。代理人は身分証明書の提示が必要。代理人の範囲は原則、配偶者...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

再生への道(中)  課題解決へ対話深める 重み増す外部連携
築100年超の蔵を改装して開業したビアホール(2月11日、広島信金提供)
愛知銀・中京銀・ニッセイAM、森林基金に300万円寄付 
愛知銀と中京銀が福利厚生セミナー 社食の食べ比べも
社食について説明する講師(1月24日、愛知銀行名古屋駅前ビル)
人事異動 愛知銀行(2024年1月1日)

関連キーワード

事業承継支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)