3メガバンクとDBJ、脱炭素ファンド設立に向け発起人会を開催

2022.08.09 18:53
脱炭素 ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、日本政策投資銀行(DBJ)は、官民ファンド「脱炭素支援機構」の設立に向けて発起人会を開催したと8月9日に発表した。10月中の設立へ地球温暖化対策に関する法律に基づき環境大臣に認可申請を行う。


発起人会は同月3日に開催し、4行と環境省の実務担当者が機構設立までのスケジュールや手続きなどを整理。同機構と発起人による案件形成や情報共有で連携する方針を確認した。今後も必要に応じて発起人会を開催する。


同機構は、DBJ出身の田吉禎彦・グリーンファイナンス推進機構常務理事が社長に内定。2050年のカーボンニュートラル実現へ、財政投融資を活用した200億円の出資を呼び水に、1000億円規模の脱炭素事業の実現や、新ビジネスモデル構築を通じた数兆円規模の投資誘発に貢献する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 三井住友銀行(2024年3月31日、4月1日・30日、5月31日、6月27日)
三菱UFJ銀八事支店、総合力で総資産の活用提案 PDCA意識が収益に貢献
成功例や提案の切り口を気軽に共有し合う八事支店。奥左から2人目が松井支店長(3月26日、八事支店)
人事異動 みずほ銀行(2024年4月1日)
みずほ銀とリバネス、スタートアップ支援で連携 新興の海外挑戦支える
(左から)立会人の出雲充・ユーグレナ社長、リバネスの丸グループCEO、みずほ銀の金田執行役員、立会人の小橋正次郎・KOBASHI HOLDINGS社長(4月12日、大田区産業プラザPiO)

関連キーワード

脱炭素 ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)