日本生命、入院給付金の上限引き下げ 不正請求排除へ

2022.08.05 20:55
保険・共済
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
日本生命看板

日本生命保険は9月26日から、医療保険「NEWin1」および収入サポート保険「収NEW1」の引受保険金額を引き下げる。新型コロナウイルス感染者数の急拡大にともない給付金の請求件数が急増。一部契約に不正請求が疑われる事案も発生していることから、対応措置を取る。


「NEWin1」は日帰り入院から一時金で受け取れる最高額を40万円から30万円に減額。「収NEW1」では、14日間以上の入院で受け取れる収入サポート給付金を月額20万円から同10万円へそれぞれ半減させる。


すでに8月4日から、営業職員との接触もないまま商品名を指定し高額の契約を求めるなど、不自然な加入と認められる事案について一律の取り扱いとはしないとする方針で臨んでいる。


同社では、第7波の感染拡大を受けて給付金の支払い請求が急増。平時約150人で行っている支払い体制は、他部署へ異動した人材などを呼び寄せ300人へ倍増させた。22年度通期の支払額は相当程度に膨らむ見通し。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

3Gが減益 コロナ関連の支払い急増で 大手生保4G
保険決算
東西ペンリレー 「ことら」に期待を込めて
日本生命、新潟イタリアンやタレカツ丼 社食にご当地グルメ登場
新潟のご当地グルメに舌鼓を打つ職員(9月12日、日本生命丸の内ビル)
日本生命、モチベーションクラウド導入 従業員エンゲージメント向上へ
日本生命看板縦

関連キーワード

保険・共済


アクセスランキング

おすすめ