十六FG、東海初ローカルクラウドファンディング 〝地域発〟新事業に焦点

2022.07.28 18:34
地方創生 ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「OCOS」のサイトを紹介する田代社長(7月28日、カンダまちおこし)
十六フィナンシャルグループ(FG)の〝まちづくり子会社〟として、地域活性化に取り組むカンダまちおこし(田代達生社長)は7月28日、東海地区初のローカルクラウドファンディング(CF)「OCOS(おこす)」を立ち上げた。〝地域発〟の新事業に焦点を当てて資金調達を支援する。
同CFは、同社の「ソーシャルインパクト投資事業」を具体化したもので、...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

りそなHDと十六FG、リテール強化へ業務提携 3分野でシナジー発揮
協定を締結した池田社長(左)と南社長(2月7日、十六銀名古屋ビル)
十六FG、初の「専用投信」扱う 応援ファンドで地元に貢献
新ファンドを発表した(左から)明治安田AMの中谷友行専務執行役員、十六TT証券の太田社長、十六銀の所取締役常務執行役員(1月31日、十六FG本店)
人事異動 十六フィナンシャルグループ(2024年1月4日)
新事業の現在地〜異業種に挑む〜 「金融の枠」超え、成長支える(上)
SMBCデジタルマーケティングは三井住友銀「オリーブ」の画面右下に広告を表示している(写真はイメージ)

関連キーワード

地方創生 ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)