十六FG、東海初ローカルクラウドファンディング 〝地域発〟新事業に焦点

2022.07.28 18:34
地方創生 ファンド・出資
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
「OCOS」のサイトを紹介する田代社長(7月28日、カンダまちおこし)
十六フィナンシャルグループ(FG)の〝まちづくり子会社〟として、地域活性化に取り組むカンダまちおこし(田代達生社長)は7月28日、東海地区初のローカルクラウドファンディング(CF)「OCOS(おこす)」を立ち上げた。〝地域発〟の新事業に焦点を当てて資金調達を支援する。
同CFは、同社の「ソーシャルインパクト投資事業」を具体化したもので、...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

東海地区3県地域銀、7社中3社が増収増益 22年4~9月期決算
決算を説明する愛知銀の藏冨宣彦専務(左)と中京銀の小林秀夫頭取(11月14日、名古屋証券取引所)
人事異動 十六フィナンシャルグループ(10月3日)
十六FG子会社、伝統の〝美濃和紙〟守る CFで地域活性化へ
CFを始動した(右から)カンダまちおこしの田代達生社長、プロジェクト発起人の千田氏、十六銀美濃支店の籠原潤一支店長代理(8月30日、同社で)
人事異動 十六フィナンシャルグループ(7月1日)

関連キーワード

地方創生 ファンド・出資


アクセスランキング

おすすめ