「取引先と伴走し地域発展に貢献」 荒木・福岡中央銀頭取

2022.07.27 04:16
インタビュー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
福岡中央銀行は6月29日、7年ぶりに頭取が交代し、古村至朗氏(67)から荒木英二氏(63)がバトンを受け継いだ。2021年度開始の3カ年の中期経営計画の進捗状況などを聞いた。

――就任の抱負は。
「取引先1万2000社の伴走者として、地域の発展に貢献していきたい。フェース・ツー・フェースの営業スタイルで、中小零細企業の支援に取り組...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

ふくおかFG、24年3月期純利益96%増の612億円 資金利益が増加
会見する五島社長(福岡証券取引所、5月13日)
羽ばたく新人へ私の仕事秘話(5) 伴走支援の喜び実感 福岡中央銀雑餉隈支店主任 栗原可菜子 さん
顧客からの相談に笑顔で応じる栗原さん(4月9日、雑餉隈支店)
役員人事 福岡中央銀行(2024年4月1日)
人事異動 福岡中央銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

インタビュー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)