三重県内6金融機関、相続手続き共通化 顧客負担の軽減へ

2022.07.25 18:34
事務効率化
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
三重県に本店を置く6金融機関(三十三銀行、百五銀行、津信用金庫、北伊勢上野信用金庫、桑名三重信用金庫、紀北信用金庫)は、8月1日から相続手続きの共通化を実施する。手続き時における顧客負担の軽減が狙い。
これまでは各金融機関で、相続時の提出書類や記入方法が異なっていた。①戸籍謄本や印鑑証明書などの提出書類②相続手続き依頼書などの記入事項―...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 桑名三重信用金庫(2024年1月22日)
百五銀、PIF評価書を映像で PR効果高く商品化検討
映像版のPIF評価書では、社長自身が事業を説明するシーンを取り入れた(同行提供)
百五銀、脱炭素へ地元3市と連携 支援サービス申し込み217社
連携協定を締結した鳥羽市の中村欣一郎市長(左)と百五銀の杉浦雅和頭取(2月8日、鳥羽市役所)
百五銀、データ利活用人材育成 トレーニーの成果を横展開
トレーニー参加者が役員に分析結果をプレゼンした(1月25日、本部、百五銀提供)

関連キーワード

事務効率化

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)