大阪商工信金、女性職員の制服を廃止

2022.04.15 11:43
働き方改革
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
大阪商工信用金庫(大阪市、多賀隆一理事長)は、2022年度から本部や営業店で女性職員の制服を廃止し、私服での勤務を開始した。性別・職種を問わないダイバーシティな職場づくりを目指す。
同信金は全職員を総合職として採用しているが、男女間で渉外や事務などの職務内容に偏りがあり分断されていた。数年前から女性の渉外担当者が増え、性別による仕事観が...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

大阪商工信金、「マルシェ」開催 13店舗が出店
大阪商工信金、マルシェ1
役員人事 大阪商工信金(6月16日)
大阪商工信金、初のマルシェ開催 利益増加を支援
大阪商工信金の多賀理事長(右)は各をブースを回って声をかけ、自らも購入していた(3月19日、もりのみやキューズモール)
大阪商工信用金庫、商工中金と連携 シ・ローン業務で協力
シ・ローン業務の覚書を締結した(左から)大阪商工信金の多賀・理事長、商工中金の羽根・常務執行役員、大阪商工信金の片桐陽・会長(11月12日大阪商工信金本店)

関連キーワード

働き方改革


アクセスランキング

おすすめ