21世紀金融行動原則、三井住友銀と北都銀に環境大臣賞

2022.03.24 04:45
環境省
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
山口大臣(左)から表彰を受けた三井住友銀の髙島頭取(3月23日、環境省)
山口大臣(左)から表彰を受けた三井住友銀の髙島頭取(3月23日、環境省)
21世紀金融行動原則は3月23日、2021年度最優良取り組み事例の表彰式を環境省で開いた。環境大臣賞の総合部門には、21年4月に国内金融機関で初めて「グリーン預金」の取り扱いを開始した三井住友銀行を選出。地域部門は、秋田県内で風力発電の産業化に取り組む北都銀行に贈った。
同原則に署名する300金融機関による21年度の環境金融の取り組みか...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

メガ銀や大手信託など、金融データ活用を標準化 協会発足
三井住友カード、請求書支払い代行 3年累計で取扱金額900億円めざす
三井住友銀、脱炭素への「入り口」提供 排出量算定サービス開発
人事異動 北都銀行(6月1日)

関連キーワード

環境省

アクセスランキング

おすすめ