【実像】サステナブルを可視化せよ(中)「グリーンDX」で計測負担軽く

2022.02.25 04:45
脱炭素 実像
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「Sustana」について説明する三井住友銀の長山氏(1月27日、本店東館)
脱炭素経営の要請が高まるなか、大企業はもちろん、部品を供給する中小企業も温暖化ガス排出量の計測・開示が迫られている。だが、上場企業でも自社のサプライチェーンを含めて算定できているのは2割未満とされる。重い負担を和らげようと、グリーンDX(デジタル・トランスフォーメーション)で企業をサポートする金融機関が増えている。
「低カロリー食品のよ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 三井住友銀行(2024年3月31日、4月1日・30日、5月31日、6月27日)
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
三菱UFJ銀八事支店、総合力で総資産の活用提案 PDCA意識が収益に貢献
成功例や提案の切り口を気軽に共有し合う八事支店。奥左から2人目が松井支店長(3月26日、八事支店)
人事異動 みずほ銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

脱炭素 実像

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)