留萌信金、小学生が職場体験 オンラインで質問

2022.02.04 16:47
地域・社会貢献
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
オンラインで信用金庫の仕事を学ぶ児童たち(2月2日、北海道留萌市住之江町の東光小)

留萌信用金庫(北海道、宮井清隆理事長)は2月2日、地元の東光小学校の「総合的な学習の時間・わくわくWORK」に協力。教室と同信金本店会議室をオンラインで結び、6年生8人が、信金職員に日々の仕事の内容などを質問し、信金の業務や職場について学んだ。


同信金総合企画部や本店営業部の職員が、預金や貸出などの業務を説明。児童から寄せられた「1年間でどれぐらいのお金が預けられるのですか」「留萌信金での勤務には、どんな人が求められますか」との質問に、預金量の説明や「粘り強く、前向きで、地域とともに歩む人」などの回答で応じた。


本来は、本店営業部を訪れ、見学や名刺交換、札勘定などをする予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で、オンライン交流に変更して実施した。

メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 留萌信金(6月15日)
北海道地区3信金、地域情報紙を刷新 道の駅で重点配布
人事異動 留萌信用金庫(4月1日)
人事異動 留萌信用金庫(9月1日)

関連キーワード

地域・社会貢献

アクセスランキング

おすすめ