熊本県内4信金、戦略割れる定積集金 3信金効率化、1信金継続

2022.02.06 04:50
預金
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
熊本県内信用金庫では、定期積金の集金業務を見直す動きが広がっている。熊本信金、熊本中央信金が削減を進め、熊本第一信金も検討中。集金業務の効率化により顧客との対話時間を捻出したい考えで、新型コロナウイルスの影響も見直す契機となった。一方で、集金は事業者の情報収集につながるため、天草信金は継続する方針だ。
熊本信金は、1月から定積集金の廃止...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

熊本信金、初の「求償権」借り換え融資 日本公庫と協調
取引先の求償権消滅をサポートした(左から)日本公庫熊本支店国民生活事業の井上泰介課長代理と奥田筆頭副事業統括、熊本信金西部支店の戸沢支店長と塩田哲平係長(12月15日、日本公庫熊本支店)
天草信金、物価高に対応し一時金 1万5000円を全職員へ
TSMCが熊本進出へ(下) 九州地区金融機関、官民連携で企業を誘致
TSMC熊本工場建設に向け、クレーン数十基を使った突貫工事が進んでいる(6月28日)
TSMCが熊本進出へ(上) 九州地区金融機関、情報収集し幅広い需要に対応
肥後銀大津ブロックは、工場周辺のニーズをこまめ共有している(6月28日)

関連キーワード

預金


アクセスランキング

おすすめ