みずほFG、木原次期社長が変革へ決意 建設的に議論できる組織に

2022.01.17 22:33
役員人事 システム障害
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
記者会見に臨む木原執行役(左)、藤原弘治頭取(中央)、加藤勝彦副頭取ら(1月17日、本店)
記者会見に臨む木原執行役(左)、藤原弘治頭取(中央)、加藤勝彦副頭取ら(1月17日、本店)
みずほフィナンシャルグループ(FG)は1月17日、一連のシステム障害を踏まえた業務改善計画を金融庁に提出した。同日、取締役会も開催し、2月1日付で木原正裕執行役(56=みずほ銀行常務執行役員)の社長就任と、4月1日付で今井誠司副社長(59)が会長に就任するなどの人事を決めた。坂井辰史社長(62)の病気療養に伴い就任を早めた。坂井社長は4月...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

みずほFG、政策保有株1500億円追加売却 今後2年の新目標公表
みずほFG、温暖化ガス排出目標30年度に前倒し サステナ強化
3メガバンクG、純利益34%増 顧客部門収益が寄与
みずほFG、22年3月純利益12.6%増の5305億円 顧客部門が好調
決算会見で説明する木原社長(5月13日)

関連キーワード

役員人事 システム障害

アクセスランキング

おすすめ