山陰合同銀、持続性向上へ10年で投融資1.5兆円 地域銀初の報告書発行

2022.01.16 04:50
SDGs
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
山陰合同銀行は、地域の持続性向上に力を注いでいる。2021~30年度に計1.5兆円の投融資で、気候変動や人口減といった環境・社会の課題解決に貢献する。21年度に推進体制を作り、11月末に地域銀行で初めて「サステナビリティレポート」を発行した。これまでの取り組みと合わせて紹介する。
山陰地方は人口減や少子高齢化が進んでおり、SDGs(持続...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

鳥取銀・山陰合同銀など、初の地域版SDGs認証制度 「オール鳥取」で企業支援
表彰式で県内のSDGsの高まりをアピールする(左端から)鳥取銀の平井耕司頭取と関係者ら、山陰合同銀の山崎徹頭取(右端、3月14日、鳥取市)
中国銀、ラボ発の8企画実行へ 一部アイデアは新会社に
スタンプラリーを企画する「観光でBIZENのまちづくり」のメンバー(4月20日、岡山市)
山陰合同銀、“野心的”目標策定を支援 山陰地方初のSLL
SLLの打ち合わせを重ねる山陰合同銀の担当者(4月12日、本店)
鳥取銀と山陰合同銀、承継支援を拡充 高い後継ぎ不在率懸念

関連キーワード

SDGs

アクセスランキング

おすすめ