多摩信金、事務職60人を相談業務へ 10カ月研修で育てる

2021.12.24 05:15
人材育成
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
多摩信用金庫(東京都、八木敏郎理事長)は、業務プロセス改革(BPR)により、女性職員60人以上が営業店事務から相談業務への転換を希望。3月から10カ月の長期研修を経て、適性を見ながら2022年1月に支店や個人特化型店舗などに配置する予定。研修は参加者全員にタブレットを貸与し、資産運用や年金の知識、投資信託や保険の商品内容など順次56本の動...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

多摩信金、後払い決済を紹介 請求・代金回収にも対応
新ブランド生む広域連携③ 多摩信金
打ち合わせする多摩信金価値創造事業部の陶山武夫主任調査役(左)と篠崎支店長(左から2人目)、岩田社長(同3人目)とパンの開発に取り組む岩田祐梨子営業課長(3月25日、アイグラン泉塚店)。右下は低糖質トマトパン
多摩・城南の2信金と全銀協、詐欺防ぐ「ATMでの携帯禁止」で感謝状
人事異動 多摩信用金庫(1月4日)

関連キーワード

人材育成

アクセスランキング

おすすめ