TSUBASA10行、手続きの電子化推進 eKYCサービスを共同導入

2021.12.17 04:45
セキュリティー オンラインシステム
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
広域連携「TSUBASAアライアンス」に参加する千葉銀行など地域銀行10行は、手続きのオンライン化を進める。電子化の基礎となるeKYC(電子本人確認)サービスを2022年以降、共同で導入する。連携のフィンテック戦略を担う共同出資会社のT&Iイノベーションセンターが、生体認証プラットフォームのLiquid(リキッド)と業務提携を結ん...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連キーワード

セキュリティー オンラインシステム

アクセスランキング

おすすめ